“Apple”の商標使用、米Appleとビートルズ設立の英Appleが合意という記事より。

米Appleは5日、ビートルズが設立したレコード会社である英Apple Corpに対して、“Apple”の商標権と、リンゴのロゴマークの使用に関する同意を結んだことを明らかにした。

“Apple”の商標に関して、アメリカのAppleと、イギリスのレコード会社であるAppleが和解したというニュースです。

今回の合意でアメリカのAppleが全ての商標権を所有し、一部をイギリスのAppleにライセンスすることになるのだそうです。

これまでコンピュータ関連はアメリカのAppleが、ということになっていましたが、iTunesをリリースしたことで訴訟が行われていました。これで晴れて問題がクリアに、ということです。

Steve Jobs氏は「我々はビートルズを愛している。だからこそ、彼ら(の設立した会社)と商標権について争うことはつらかった。この問題を建設的な方向で解決できたことは非常にうれしい」とコメントしています。

「Apple Computer, Inc.」から「Apple Inc.」に社名変更していました。

■関連記事

"Apple"商標問題が解決、ビートルズのAppleと協力関係へ

Apple CorpsのマネジャーであるNeil Aspinall氏は「論争に終止符を打ち前進できるのは素晴らしいことだ。われわれはエキサイティングな未来へと進んでいく。Appleの成功を望むと共に、長期的な協力関係に期待している」とコメントしている。

アップルとビートルズがついに和解-「Apple」めぐる商標問題で

従来の契約では、Apple Inc.がCDやカセットテープなどの物理メディアを使って楽曲を配布することが禁じられていた。