アップル、IEEE 802.11nドラフトに準拠した「AirMac Extreme」という記事より。

アップルコンピュータは、IEEE 802.11nドラフトに準拠した無線LANルータ「AirMac Extreme」を2月に発売する。同社直販サイト「Apple Store」での販売価格は21,800円。

ひっそりと、IEEE 802.11nドラフトに準拠した新しい「AirMac Extreme」も発表されていたりします。

3本の送受信アンテナを装備しており、送受信時に複数のアンテナを利用する技術「MIMO」を利用することで、IEEE 802.11gと比較して伝送速度が約5倍、通信範囲が約2倍に拡大されているという。

通信速度が高速化しているのはもちろんですが、通信範囲が2倍に拡大されているというのが嬉しいですね。もちろんIEEE 802.11a/b/gにも対応。

USBポートを装備しており、LAN内に接続されているネットワークデバイスを自動的に検出する技術「Bonjour」を利用して、USBポートに接続したプリンタやHDDの共有が可能。

このHDD共有というのも良いですね。デザインも「Apple TV」と同様に薄くてシンプルで良いなー。

Apple Store(Japan)