1月のiPhone登場は「ほぼ確実」とアナリストという記事より。

米Apple Computerが1月に待望のiPhoneの製造を開始し、「iTV」「iPod」の強化とともに発表するのは「ほぼ確実」だと、ウォール街のアナリストは伝えている。

いろいろと周辺特許が出てきたりして「iPhone」周辺もにぎやかです。2007年1月のMacworld Expoで「iPhone」がデビューするだろう、と予測するアナリストもいるみたいです。

「初期の音楽対応携帯で市場の動向が分かった今、Appleは携帯電話市場に参入する上でいい位置にいると思う。同社はiTunesとMac・PCの統合を提供し、メディア再生機器向けソフト開発の知識を活用することで差別化するだろう」

例えばタッチスクリーン式でiTunes経由でさまざまな情報を転送することができる携帯電話‥‥。

いまいちそそられないのは日本で発売される可能性があるのかどうか、という点と、発売されるとするとソフトバンクからなんじゃないか、という点なんですよね。

でもリリースされたら欲しくなりそうな予感。携帯電話のみでなく、PDA的な機能まであったりしたら‥‥。

Apple’s iPhone Patentというエントリーで予想画像が公開されています。うーん、いいな‥‥。

■関連記事

Apple「iPhone」、日本上陸への注目と期待

iPhoneの日本市場への影響力はどれだけあるか。その成否も含めて、重要になるのは登場のタイミングだ。さらに言えば、「春商戦に間に合うか」である。