「Macユーザーはノート中心だが若者中心ではない」—米国ホームPC調査という記事より。

米国の市場調査会社MetaFactsが実施した2006年ホームPCブランドプロファイル調査によれば、家庭用PCにおけるノートPCの比率は高まっており、ノートPCは全体の30.2%に相当する5180万台だ。

アメリカでは家庭のPCでノートタイプの比率が高まっているそうです。恐らく日本でも同様の調査をすると似たような結果が出てきそうな予感がします。

特にAppleはノートタイプの比率が高いそうです。

Appleのノート比率は52%、Dellも46.1%と比較的高いのに比べ、HP(Compaqブランド含む)は16.1%と低いのが特徴だ。

なんと半分以上がノートタイプです。あまり選択肢が多くないというのもあると思いますし、省スペースで考えるとiMacよりMacBookという人もいるかもしれませんね。

また年齢層でも興味深い数字が。

18〜24歳の若者ユーザーの比率では、Gatewayが最も高い。一方、Appleのユーザーのうち半数近くの46%が55歳以上で、Mac以外のPCユーザーの平均値である25.2%の2倍近い。

年配の人も多く使っているんですね。iPodとか見ると若者のイメージですけど、パソコンになるとそうでもないと。「Macは新規購入の比率が高く、3分の2がここ2年以内の購入」だそうで、きちんと選ばれていることが分かります。

ぼくもMacBookを使っていますが、前にノートPCが身体に悪影響を及ぼす?というエントリーを書いたことがあり、確かにここのところ肩こりがひどいんですよね。とりあえず液晶モニタを購入してみました。

Apple Store(Japan)

■関連記事

アップル:「若者を意識したMacはシルバー層で人気」-米調査

Appleはまた、iPodを持つユーザーがWindowsからMacに転向しているという、いわゆる「iPod効果」の本質を調査したともいわれている。Macのシェアは1桁台だが、Appleは、最初にPCを購入する人々の間でMacを選択する比率が増えていると述べている。