Apple、WWDC 2006の基調講演を見るというエントリーで、Jobs氏の基調講演の動画を紹介しましたが、Engadget Japaneseでとても分かりやすい写真レポートがされていました。

WWDC 2006:ジョブズキーノート

会場のパネルの写真が紹介されていて、そこのキャッチコピーがナイスです。

Mac OS X Leopard
Redmond has a cat, too. A copycat.

つまり、VistaはLeopardのコピーということですね。

WWDC 2006:ジョブズキーノート ( 2 )、OS X Leopard

インテル版Tigerもメジャーリリースだった。8600万行のコードを別のアーキテクチャのシステムに移植。ユニバーサルアプリの数は3000超。開発者の皆さんは歴史的な偉業を成し遂げた。ありがとう。

スムースに移行してきた感じですが、こうして数字で示されると、本当に偉業ですね。「イノベーションを起こせない者は真似するだけ」とも。

■関連記事

WWDC基調講演速報、"Leopard"を公開。10の新機能をデモ〜Preview版をデベロッパに配布。発売は来春の見通し

ソフトウェアエンジアリング担当上級副社長のバートランド・サーレイ氏は中盤に登場。いかにVistaが"Tigar"に似ていて、いかに"Tiger"そして"Leopard"が優れているかと言うことをしばらくスピーチしたものの、聞きようによってはしばらくVistaの悪口が続いているだけでもあり、内容自体はいまいちという印象がある。