映像のプロ業界へ急速に舵を切るAppleの戦略という記事より。

いつの時代にも「Windows vs Mac」という図式は存在する。全体では少数派のMacが、高いシェアを誇る専門分野がある。なかでも映像業界では、今後Macユーザーが確実に増えていきそうだ。

小寺信良氏のコラムです。QuickTimeの登場、Avidによるノンリニア編集によりAppleは映像編集で天下を取ったけれど、WindowsNT 4.0のリリースによりユーザを減らしていった‥‥しかし最近では「Final Cut Pro」で巻き返しつつあるという内容です。

ちょっと歴史を振り返る風で、実はAppleは潰れかけていたという話QuickTimeの歴史あたりと併せて読むと面白いかもしれません。