WWDCでMac OS X “Leopard”のプレビュー披露という記事より。

8月7日に開幕する米Apple ComputerのWorldwide Developers Conference(WWDC)で、スティーブ・ジョブズCEO以下幹部陣が、Mac OS X “Leopard”のプレビューを披露する。同社が6月26日に発表した。

「Leopard」がWWDCで披露されるのは確実だと思っていましたが、Appleから正式に発表されたようです。

フェイクのスクリーンショットも登場したばかりだし、みんな気になっているところですね。

Parallelsの機能が内包されると嬉しいのですけど‥‥果たして‥‥。

■関連記事

アップル、8月のWWDC 2006で「Leopard」をプレビューへ

WWDCは毎年恒例の開発者向けイベントだが、今年はCEOのSteve Jobs氏らが基調講演のなかで次期OSとなる「Mac OS X 10.5」(開発コード名:「Leopard」)のプレビューを行うという。

アップル、WWDC 2006を8月7日より開催〜次期Mac OS X“Leopard”のプレビューを予告

今回のWWDCでは、IntelベースのMacを最大限に利用するUniversalアプリケーション開発に関する詳細情報などを提供するとしており、Mac OS X Tigerおよび次期の“Leopard”についての技術情報などを含む175を超えるテクニカルセッションおよびラボが予定される。