アップルの画像管理ソフトAperture、開発チームが早くも大幅縮小という記事。

Apple Computerが「Aperture」開発チームを大幅に縮小したと、インサイダー情報を発信するサイトThink Secretが伝えた。

Appleのプロ向け画像管理ソフト「Aperture」のチームが早くも縮小されたというニュースです。「多くの問題を抱えるなど、今回の動きにはある程度の予兆があった」と記事。

Adobeが同様のソフトである「Lightroom」をリリースしたことも大きいでしょうね。

Apertureが1.1にアップグレードするまでは、Lightroomのベータ版の方が価格の高いAppleのソフトウェアよりパフォーマンスに優れる、との書き込みがオンライン掲示板では多数見られた。

後発の「Lightroom」に水をあけられてしまい、開発継続が難しくなってしまったのでしょうか。