スポンサードリンク

「Aperture 1.1」ユニバーサルバイナリ対応

スポンサードリンク

アップル、ユニバーサルバイナリになった「Aperture 1.1」という記事より。

アップル・コンピューターは13日、写真家向けソフト「Aperture(アパーチュア)」の最新版「1.1」の発売を発表した。価格は34,000円。

スポンサードリンク

「Aperture 1.1」がユニバーサルバイナリに対応したそうです。

Intel製CPUを搭載したMacBook Proの場合、リフトアンドスタンプや検索などのワークフローがPowerBook G4より最大4倍に高速処理できるという。

Intel Macの恩恵に預かれます。

RAWデータで撮影するプロフェッショナルな人にはお役立ちでしょうか。ぼくはiPhotoで十分でございます。

Apple Storeで購入可能です。

Aperture 1.1

iLife06

スポンサードリンク

前へ

携帯予約、PSP転送に対応した「スゴ録」発表

次へ

「Google Calendar」リリース