アップル、第1四半期決算-売上、過去最高の57億5000万ドルにという記事より。

Apple Computer(本社:カリフォルニア州クパチーノ)の第1四半期(12月31日締め)の売上高は57億5000万ドル、また利益は5億6500万ドル(1株あたり65セント)となった。

前年同期は売上高が34億9000万ドル、利益が2億9500万ドル(1株あたり35セント)でしたので、相当なアップです。

記事によれば「Appleが販売した1400万台のiPodは売上に換算すると29億ドルになるが、これは同四半期の売上高の半分以上を占めている」ということで、iPodが売上に相当貢献していることが分かります。一方、Macの売上は17億ドルですからね。

これでタイミング良くIntel Macを投入することができれば‥‥どうなっちゃうんでしょうね。

■関連記事

Apple利益ほぼ倍増、iPod販売1400万台に

「このインクレディブルな四半期で特筆すべき2点は、1400万台のiPod販売と、Intelプロセッサ搭載の新型Macが予想よりも5~6カ月早く立ち上げ準備が整ったことだ。2006年はさらに素晴らしい製品に取り組んでおり、顧客の反応を見るのが待ち遠しい」