MS、マック用『IE』のサポートを年内で終了という記事より。

米マイクロソフト社は、マックOS版の『インターネット・エクスプローラ』(IE)のサポートを12月31日(米国時間)で終了する。また、2006年1月31日でウェブサイトからのマック用IEの配布も終了する。

Mac版のInternet Explorerのサポートがいよいよ終了します。2003年6月に開発停止が発表され、それから1年半。

今後は、セキュリティー対策や、性能向上のためのアップデートが打ち切られますので、Safariなど別のブラウザへの乗り換えが推奨されています。

ちなみに、ネタフルへのアクセス解析で見てみると、Mac版IEの利用者は1.5%程度のようです。