Appleが国内子会社「アイチューンズ」設立、エイベックスが楽曲提供で合意という記事より。

米Apple Computerが、100%出資の子会社「アイチューンズ株式会社」(エドュアルド・クー社長)を東京都内に設立していたことが分かった。

いよいよ、iTunes Music Store日本語版の開始か? と思わせるニュース。記事によれば「iTunes Music Store」の日本国内サービスは「アイチューンズ」を通じて行うようです。

エイベックス・グループ・ホールディングスが「子会社のエイベックスネットワークを通じ、iTMSへの楽曲を提供することでアイチューンズと最終合意した」と発表しています。秒読み段階に入ったと考えても良いでしょう。

ようやくここまで。待ちに待った感がありますが、正直言うと、少し冷め気味。待たされすぎた。サービスが開始されれば熱狂的に迎えると思うんですけど。

「アイチューンズ」設立も東芝やソニーは沈黙という記事によれば、

今回の発表で表舞台に登場した「アイチューンズ株式会社」だが、日本法人であるアップルコンピュータによれば、同社とアイチューンズの関係は、同社と米Apple Computerの直営店であるアップルストアの関係に近いようだ。

ということで、アップル自身も詳細は把握できていないようですね。

■関連記事

エイベックスと米アップル、日本国内の音楽配信で最終合意

エイベックス・グループが販売権を持つシングル/アルバム楽曲をiTunes Music Storeにも提供するほか、iTunes Music Store用限定楽曲も用意するという。

エイベックス、日本のiTunes Music Storeに楽曲を提供することで最終合意

日本法人のアップルコンピュータではiTunes Music Storeの日本国内での展開に関して「2005年内に開始する予定である」とコメントしている。

エイベックス、"iTunes Music Store"に楽曲提供へ

アップルコンピュータとアイチューンズは、ともに米Apple Computerの100%子会社なので、銀座のApple Storeにおいてそうであったように、両社はイベントやPRなどで協力を行っていくようだ。