“Mactel”マシンでWindowsは使える?という記事より。

Appleはこれまでのところ、今後投入予定のIntel搭載MacでWindowsを実行するというアイデアに水を差すような行動は起こしていない。

Intel Macが、Mac OSとWindowsのダブルブートが可能になるか的な話ですが、今のところは記事にもある通り、AppleがWindowsを実行できなくする、という話は出ていないようです。ただし、Mac OSを他社製マシンにライセンスする計画はありません。

個人的には、Mac OSとWindowsの両方が起動できるマシンよりも、Mac OS上でVirtual PCなどのエミュレータで同時に動かせるのが理想です。Mac OS Xのファーストユーザスイッチのような機能で切り替わるのも良いですが。

いずれにせよ、何らかの形でMacとWindowsの両方が動作する夢のようなマシンが誕生するはずですから、

プロセッサの切り替えに伴いAppleの出荷台数は最初は減少する可能性があるにせよ、最終的には数パーセントの市場シェアを得るまでに回復するだろう

とMicrosoftでは考えているそうです。

「理論的には、Mac OS上でWindowsを実行できるはずだ。現在も、Virtual PCによって実行されている。違うのは、ハードウェアベースの仮想化により、ほとんどフルスピードで実行できるようになる点だ。全体としては、フルスピードの仮想システムということになるだろう」

この辺が本当に期待“大”なんですよね。