Apple、Intelプロセッサ採用を正式発表しました!!

「次の10年はIntel技術に託す」とスティーブ・ジョブズ氏は宣言した。

「次の10年はIntel技術に託す」か。うまいな、Jobs。ここまでの10年はIBM。そしてこの先10年はIntel。「Intelに変更することにしました」ではなく「次の10年はIntel技術に託す」とは、素敵な言い回しです。

Appleはここ数日伝えられていた通り、WWDCの基調講演でPowerPCからIntelに切り替えることを発表しました。移行は2006年からスタートし、2007年末までにすべての製品がIntelベースに移行するそうです。

Jobs氏は次のようにコメントしたそうです。

「われわれの目標は、世界最高のパーソナルコンピュータを顧客に提供するというもので、将来を展望すると、Intelが最強のプロセッサロードマップを持っていることが分かった。PowerPCへの移行から10年が経過した。Intelの技術の助けを得て、次の10年間、最高のパーソナルコンピュータを作っていくことができると考えている」

買い控えのリスクもありますが、iPodも含めて好調の内に、体力のある内にやってしまおう、ということなのでしょう。

開発移行キット「Developer Transition Kit」はADC(Apple Developer Connection)のSelectおよびPremiere会員向けに999ドルで提供が開始されたそうです。

もうIntelへの移行は決まった訳です。ソフトウェアメーカーも来年に向けてソフトの改良を行うしかありません。間違いなく来年には性能が上がり、なおかつ価格も下がったモデルが登場するでしょうから、買い控えた人たちが一気に購入する可能性も大きいでしょう。今年は一時的に売り上げが落ちるかもしれませんが、来年には大きく復活するはずです。

ユーザが増える部分には大きな変更はないと思うのですが、ワクワクするニュースです。

■関連記事

Apple、パートナーにIntel移行を説明

シリコンバレーのベテランで元Apple幹部のマイク・ホーマー氏は、Intelに移行するというAppleの決定は、主にノートコンピュータの重要性が高まったことによるものだと考えている。

Intelチャンドラシーカ副社長、PowerPCとの競合とAppleへの売り込みを語る

われわれは常にAppleと話し合ってきました。Appleのデザインに採用してもらうこと。これを20年もの間、切望してきたのです。Intelは決してAppleをあきらめません。