AppleがIntelプロセッサを採用すると報じた関連記事を集めてみました。

ここまで大々的になると、噂レベルではなく、本当なんだろうな、という気がしてきます。いずれにしても、あと少しで真偽が明らかになる訳ですが。

プロセッサの変更はソフトウェアの開発にも影響を及ぼすと懸念する声も聞かれますが、その辺をシームレスに移行できるツールなりをAppleは既に持っているんじゃないでしょうかね。「だから全く問題ないんだ」というJobs氏のプレゼンテーションが聞こえてくるようです。

■関連記事

[WSJ]Apple、WWDC基調講演でIntelプロセッサ採用発表へ

IBMはMicrosoft、ソニー、任天堂の次世代ゲームプラットフォームにPowerPCを採用させることに成功し、これによって今後数年はAppleのハードウェア売り上げなど取るに足らないものとなると見られている。

アップル、IBMを見限る――Macにインテル製プロセッサを採用へ

今回、Appleには1つ強みがある。それは、Mac OS XがベースとするオープンソースのFreeBSDが、すでにPentiumなどのx86チップ上で動作しているという点だ。また、Jobsは以前、Mac OS Xはx86チップ上でも簡単に動かせると語っていた。

驚嘆、懐疑、興奮、悲しみ・・・「アップル、IBMと決別」にさまざまな反応

「AppleとIBMがたもとを分かつことになるとは思わない。WiMaxチップを採用するという話のほうが全体の構図によくフィットする」

Appleの「Intelスイッチ」、Intelは「20年間切望してきた」

「われわれは常にAppleと話し合ってきた。Appleのデザインに採用してもらうこと。これを20年もの間、切望してきた。Intelは決してAppleをあきらめない」