再び浮上する「Pentium Mac」の可能性という記事より。

業界観測筋によると、Appleは近々MacラインにIntelプロセッサを採用する決定に至る可能性のある話し合いを進めてきたという。

なに!? AppleがIntelのCPUを採用だって!?

ということで、そのような噂が立っているそうです。AppleがPentiumプロセッサを採用するかもしれない、といった噂話は出ては消え、消えては出てしているので、今回もまたかという感じもします。

しかし「両社間の最近の交渉を知る2人の業界幹部は、AppleはIntelプロセッサ採用に合意するだろう」と話しているそうで、AppleがPowerPCに見切りをつける? ということになるかもしりません。

「わずかな縄張りから勢力を拡大しようと奮闘するAppleにとって、Intelプロセッサを採用すれば、未来のMacがDellなどのライバルの製品の価格と性能に対抗する上で助けになる

PowerPCは停滞しているようにも見えますし、PowerBookにPowerPC G5が搭載されないことに苛立ちを覚えている人も、きっと多いことでしょうから、Appleのコントロール化でMacシリーズの生産が行われるのであれば、CPUが何であってもユーザが困ることはないでしょう。

Mac OS XはUNIXベースで動作していますから、IntelのCPU上で動作するように変更すること自体は、膨大な時間を要するような作業ではないのかもしれません。がしかし、AppleとIntel、提携はビデオiPodで?によれば、

Appleがx86プロセッサに乗り換えるのなら、Mac向けソフトを提供するすべてのパートナーに、Mac OS用アプリケーションをx86アーキテクチャ向けに移植してもらわなくてはならなくなる。

ということで、周辺環境まで含めて考えると、現実的ではない部分もあるようです。さらにもっとも可能性の高い提携としては、「IntelのXScaleプロセッサを搭載したビデオ再生対応iPodで両社が協力するというもの」が考えられるそうです。

■関連記事

Appleの「浮気」で問われるIBMの半導体戦略

IBMは消費電力をあまり気にしないサーバプロセッサに歴史を持つため、Intelに匹敵するノートPC向け製品がない。