ボクが初めて触るMac──Windowsユーザーが使うMac miniという記事より。

周りにMacを使っている友人も少なからずいるが、彼らに「もはやMacじゃなければ使えないソフトもほとんどないし、もうそろそろこっちサイドにおいでおいで」と言いつつ、「機会があればそちらの世界にもいってみたい」という想いでいっぱいなのである。

圧倒的なユーザ数や使えるソフトの種類、そしてどんどん低価格になるWindows。しかしなぜ、人はMacを選ぶのか? そこにMacがあるから‥‥じゃ答えにならないですよね。きちんと答えるならば、やはりMac OSがあるから、ということなんでしょうか。最近はそこに、iLifeアプリケーションがあるから、というのも付け加えたいと思います。

Windows XPとMac OS Xは同じOSです。同じOSだけれど、いざ使ってみるとそこには大きな違いがあり、Windowsを選ぶ人もいれば、もちろんMacを選ぶ人もいる。しかしなぜ、敢えて高くて、しかもユーザ数の少ないMacを選ぶのか。やはりMac OSが使いやすいから‥‥。

Mac OSの良さを言葉を変えて書いているだけで、なかなかうまく、その良さを表現できませんが、とにかくMacの肝はOSにあり、OSメーカーが製造するハードウェアと一体になって提供されるその体験が、ユーザを虜にして離さないのだと思います。

一時はぼくも、IntelベースのMacが登場することを夢想しましたが、今ではそれは実現しなくて良かったと思っています。ハードウェアとOSが美しく調和してこその、Appleだと思うからです。

秀逸なデザインはボクのMacコンプレックスをいたく刺激してくれた。無用な装飾は一切なく、サイドはシルバーで統一。天板は白が基調で中央にシルバーでリンゴマーク。各種コネクタが用意されている背面を見なければ、これが“パソコン”だとは誰も思わないようなデザイン。こんなことができるのはアップル以外にないだろう。

確かに、Windowsにも似たようなモデルが存在しているけれど、「ここまでのデザインが施されたPCはどこを見渡してもない」、そして「これこそがWindowsマシンにはないMacの魅力なのだ」と筆者。

後は、設定が著しく簡単なのも、Macの良さでしょう。

つまり、インターネットにアクセスするだけであれば、すでに構築済みのLANケーブルを差すだけでOK、というわけだ。何もやることがなくてこれまた拍子抜けである。

「Windowsユーザーなら不安渦巻くLAN環境だが、こちらも設定することはなにもなかった」ということで、Safariを起動したら、そのままインターネットに接続してしまったそうです。

Windowsユーザだった29manも、何やら自宅ではMac Mini キター!で、かなりハマりまくっているようです。WindowsユーザがMacに触れてどう感じるのか、“Switchレポート”が非常に楽しみです。