「Macintoshの父」ジェフ・ラスキン氏が亡くなるという記事より。

ラスキン氏はMacintoshのオリジナルのアイデアを考えつき、Apple Computerでプロジェクトを進めていたが、そののちに当時のスティーブ・ジョブズ氏にプロジェクトを奪われたという経緯がある。同氏はMacintoshの名付け親とも言われている。

2005年2月26日に癌で亡くなったそうです。享年61歳。

2004年のMacworld Expo/Bostonで行われたMacintosh開発チームのオリジナルメンバーによる「同窓会パネルディスカッション」でラスキン氏はMacintoshプロジェクトがApple誕生以前から存在していたことを明かし、ユーザーインタフェースの専門家である自分と「ボックスは理解していた」というジョブズ氏とは確執があったことを認めている。

ご冥福をお祈りいたします。

■関連記事

ジェフ・ラスキン氏がパーソナルコンピュータにもたらしたもの

ラスキン氏はMacintoshの名前を、彼のお気に入りのリンゴから取った。別の会社との登録商標問題を避けるためにスペルを少し変更している。