「世界一安全なOSはMac OS XとBSD」との英調査結果より。

年中無休で作動させても世界一安全で堅牢なOS環境はMac OS XとBSDオープンソースプラットフォームであるとの調査結果を、英セキュリティ専門調査会社のmi2gが発表した。mi2gは発表にあたり、同社が米Apple Computerの株式を一切保有しておらず、ビジネス関係もないと明記していることも注目されるが、Linuxの危険性について言及している点も興味を引く。

イエイ! ブラボー!

10年以上のMacユーザとして、自宅ではMacを使用していますので、このニュースは嬉しいですね。

今回の調査は、24時間インターネットに接続されているコンピュータに対して行なわた攻撃で、実際に改竄に成功したことが確認された23万5,907件について1年間にわたって調査したものだ。その結果、最も攻撃が多かったOSはLinuxで、65.64%(15万4,846件)だった。次いで多かったのがWindowsの25.19%で、Mac OS XとBSDの合計は4.82%に過ぎなかった。

ユーザ数が少ないとかあるのでしょうが、実際に攻撃される件数が少ないというのは、利用者からすれば安心です。ウィルスに辟易している人は、Macに乗り換えを検討してみるのはいかがでしょう? プライベートで使用するならば楽しいですよ。Apple iBook 1.2G/12.1/256/32V/30G/Combo/E/AMX/56K [M9623J/A]とかAmazonでも125,790円ですからね。さらにApple iBook (1GHz 14.1"TFT, 256MB, 40GB, DVD/CDRW) [M9418J/A]は21%オフの115,290円ですよ。

つい最近、Windowsのサブノートが欲しくなったのですが、やはりこのウィルスのことやOSのアップデートの障害に関する記事などを考えると、自宅ではMacを使い続けようと思いました。

コンピュータウイルスによる被害はWindowsで圧倒的に多いのに対して、Linux、BSD、Mac OS Xでは著しい経済的ダメージが加えられることはなかったという。破壊的なウイルスがこれらのプラットフォーム向けに作成される機会が少なかったことが原因と考えられる。

アップル - Switch Macにスイッチするコツ、伝授します。

iBook G4

■関連記事

最もセキュアなOSはBSDとMac OS X――mi2g調査

政府機関のコンピューティング環境に絞ってみると、最も被害が多かったのはWindows(57.74%)、Linux(31.76%)、BSD/Mac OS X(1.74%)の順だった。