ソニーは追いつけるか? 日本で巻き起こるiPod旋風という記事より。

Apple東京本社でインタビューに応じた、元ソニー社員で現在Appleの副社長を務める前刀禎明氏によれば、iTunes日本版は来年中に提供される予定で、料金は1曲99セントの米国と同程度になる。

本当なんでしょうか? って、まあアップル社員、しかもAppleの副社長が言っている訳ですからね。信憑性の高い話なんでしょう。

来年と言ってもまだ1年以上先の可能性もある訳で、気長に待とうかと思う反面、1月だって来年じゃないか、とも思ってみたりします。開始されたら、けっこう購入しちゃうと思うんですよね。

既存のダウンロード販売を提供している会社も、あと半年くらいが勝負ですね。

■関連記事

「2004年を音楽配信元年に」――交錯する音楽レーベルと配信事業者の思惑

レーベル会社が今年になって音楽配信に腰を据えて取り組み始めた裏にも、CDへのコピーの問題があったと話す関係者もいる。「AppleがiTMSを日本で展開する際にはCDへのコピーを許可するよう求める。そうなる前に手を打ちたいという思惑があった」というのだ。