LinuxをiTunesサーバに仕立てるという記事がありました。Rendezvous+DAAPサーバの環境があれば、iTunesのファイルサーバとして機能する、そうです。

iPodと同期する必要のない曲はファイルサーバへ追い出せばスッキリするのだが、そうなるとiTunesで聴くときに不自由する。iTunesの音楽共有機能に対応したファイルサーバがあれば……今回はそんなiTunesヘビーユーザの願望を実現すべく、LinuxをiTunesのファイルサーバに仕立てる手順を紹介してみよう。

■関連記事

iTunesの共有機能、再び

前回はLinux上で動作するDAAPサーバについて説明したが、DAAPのフリーな実装は1種類だけではなく、OS X上で動作するものなど数種類が存在する。Tynsoe.orgが配布するOS X用のフリーウェア「MusicPublisher」もその1つで、アプリケーションに含まれる形で提供される。利用は簡単、OS Xにマウントされているボリュームを設定パネルに登録すれば、その領域が共有リストとして認識される仕組みだ。