MozillaやOpera、Appleなどがスクリプト可能なプラグインAPIを共同開発へというニュースより。

Mozilla Foundation、米Adobe Systems、米Apple Computer、米Macromedia、ノルウェーのOpera、米Sun Microsystemsは6月30日、Webブラウザプラグインの新しい規格を共同開発し、オープンソースライセンスで公開することで合意したと発表した。

それぞれシェアは小さい会社なんですが、これはなんだか面白そう。オープンソースの力を借りて、大きく飛躍することができるでしょうか。

現在、Flash、Shockwave、QuickTime、Javaなどのプラグインが利用されているが、新たにスクリプト可能なプラグインAPIを使用することで、スクリプトを使ってプラグインを操作できるようになる。

ちょっとイメージしにくいですが、

例えば、ブティックのネットショップでFlash動画を使って服を表示しているときに、Flashの中で服の色の組み合わせを変えていくと同時に関連するページの価格表が自動的に計算されるといったページを作ることが可能になる。

なるほど。今でもできそうな気はしますが、どうなんだ?

モジラ、オペラ、アップルらが提携——ActiveXに対抗する新技術開発へによると、

Microsoft以外のブラウザでは、長い間、プラグインを実行するのにNPAPI(Netscape Plug-in Application Programming Interface)という方法が使われてきている。この方法では、FrashやAdobeのAcrobat PDFリーダーなどが、いったんプラグインとして起動されると、他のプログラムとの通信ができなくなってしまう。

このような問題があるそうです。これが解決するとIEのように、

たとえば音楽のウェブページでMicrosoftのWindows Media Playerをプラグインとして使い、そのべージにある楽曲リストを再生したり、FlashをベースにしたEコマース用の動画から、請求用ウェブページに合計金額を送信したり、といったことが可能になるということだ。

こんなことができるようになるそうです。

昔、雑誌の企画でプラグインの記事を書いたことがあったんですが、そりゃ7〜8年前は本当にいろいろありましたね。今では使われるのはFlashとか数えるほどしかありませんが、数十種類が乱立していました。もともとFlashもFuture Splashという会社が開発していたのですが、それをMacromediaが買収したのです。今ではMacromediaを代表するアプリケーションになっていますが。

■関連記事

Mozilla や Opera などがブラウザ プラグイン機能の標準化で協力

Mozilla Foundation は、Adobe Systems (NASDAQ:ADBE)、Apple Computer (NASDAQ:AAPL)、Macromedia (NASDAQ:MACR)、Sun Microsystems (NASDAQ:SUNW)、Opera Software と協力し、安全かつスクリプト制御に対応した、オープンソースのプラグイン モデルを構築するため、Netscape Plugin Application Interface (NPAPI) を拡張しているという。