アップル、Mac OS Xのパッチをリリース――「重大な」欠陥を修正です。

Apple幹部らは先に、この欠陥は3年前のMac OS Xリリース以来初めての重大なセキュリティ問題だとし、より完全なパッチのリリースを約束していた。

今回のアップデートは、Mac OS X Panther 10.3.4、Mac OS X Jaguar 10.2.8、さらに両バージョンのサーバ版向けだということです。これ以前のバージョンに関しては調査中。ソフトウェア・アップデートから適用可能です。

■関連記事

アップル、初めて危険度“重大”と評価したMac OS X用パッチを公開

この脆弱性は、Mac OS Xに搭載されている「URLをクリックすると、別のプログラムが起動する」という機能に存在している。この脆弱性を悪用されると、URLをクリックしただけで、細工の施されたアプリケーションをダウンロードしてしまい、攻撃者がユーザー権限でさまざまな操作ができる可能性があるという。