PearPC再びによると、注目が集まることにより開発スピードも上がっているそうです。CocoaBenchによるベンチマークの結果も。

結果は下表のとおり。PowerPC 1.2GHzを搭載した実機と比較すると約47分の1という遅さだが、CVS版ではFile I/Oの改善が見て取れる。実際にPantherを動かしてみても、レスポンスが若干改善されたような印象だ。