次期Mac OS X「Tiger」プレビューへだそうです。

米サンフランシスコで開かれるApple ComputerのWorldwide Developers Conference(WWDC)でスティーブ・ジョブズCEOが6月28日、Mac OS Xの次期メジャーリリース「Tiger」のプレビューを行う予定だ。同社が5月4日発表した。

開発者向け会議ですが、一般の利用者にとっても嬉しい機能発表などがあるといいですね。久しぶりにMacユーザとしてWWDCを迎えるので、少しワクワクします(笑)

■関連記事

アップル、6月に次期OS「Tiger」を先行公開へ

Tigerが今年中に発売になれば、Appleはこれまでの5年間で5つめのMac OS Xをリリースすることになる。これに対し、Microsoftが同期間中にリリースした主要なバージョンはWindows XPだけで、あとはさまざまなアップデートが出ただけだ。次期Windowsの大型リリースであるLonghornは、早くとも2006年半ばまで登場しないと見られている。

Apple、次期版『Mac OS X』の内容を来月にも発表

同社は Tiger の搭載機能について、これまで固く口を閉ざしているが、発表内容から確実にいえるのは、今年の WWDC が企業 IT 開発者や『QuickTime』関連の開発者を重視しているという点だ。

米Apple、6月のWWDC 2004で「Mac OS X」次期版を公開

5日間に渡るカンファレンスでは、200を越える技術セッションが予定されている。Mac OS X技術、最新のMacシステム、QuickTime開発者やコンテンツ・クリエータ向けのセッションを含め、広範囲にわたるMac開発者向けのコンテンツが用意される。