アップル、新しいビデオ編集ツール5種を発表というニュース。

Apple Computerは米国時間4月18日、放送局やデジタルビデオ編集者向けのソフトウェアを5種類発表した。今回発表となったソフトウェアには、視覚効果やHD(High-Definition)ビデオ編集に関連するツールなどが含まれる。

ライスべガスで開催されている恒例のカンファレンス「National Association of Broadcasters(NAB) Conference 2004」で、Appleが5つの新しいツールを発表したそうです。

・Final Cut Pro最新版
バージョン4からは無償アップグレード、通常は999ドルです。Final Cut Proは既に25万人ものユーザがいるそうです。凄いです。

・Motion(特殊効果ソフト)
299ドルです。「競合製品に比べて廉価なMotionは、Adobeなどが支配するビデオ編集市場を変える可能性がある」と評されています。

・Xsan(Storage Area Networkファイルシステム)
「XSanは、Windows/Linux/Unixを用いる企業で、異なる作業グループが同一のメディアにアクセスできるように、メディアの格納とファイル管理を行うソリューション」とのこと。コンピュータ1台当たり999ドルで他社の1/3の価格。

・Shake 3.5
特殊効果作成ツール。2,999ドル。

・DVD Studio Pro 3
5月に499ドルで発売。プロ向けのDVD作成ツール。

「Appleは、だれもがビデオの制作や編集でプロ並みの結果を得られるよう、クリエイティブおよびプロダクションのプロセスを変えたい」

■関連記事

Appleの新たな映像アプリケーションに拍手喝采

新製品の中で目玉となるのが、新しいモーショングラフィックスデザインパッケージ「Motion」だ。このソフトではテキスト、グラフィックス、ビデオからアニメーションを作成して、複数のフィルターやパーティクルエフェクトをすぐにプレビューでき、「ビヘイビア」機能によってキーフレームに依存せずに重力や風のような自然な動きやグラフィックスを加えられる。

米Apple、SANファイルシステム「Xsan」を発表

Xsanはエンタープライズ市場にターゲットした製品。64bitクラスタファイルシステムを採用、最大16TBのボリュームには64人までのユーザが同時にアクセス可能(最大スループットは400Mbps)など、特に動画のような大容量かつ広帯域のデータを扱う映像制作の現場に適している。ADIC社のStorNext File Systemを利用し、Windowsや他のUNIX系OSが混在する環境でも運用できる。