アップル、eMac を9万円台でというニュース。

新しく発売される eMac は、DVD-ROM/CD-RW コンボドライブを搭載したタイプと、DVD-R/CD-RW の8倍速 SuperDrive を搭載したタイプの2種類。コンボモデルが9万4,290円で SuperDrive モデルが11万5,290円。

ついに9万円台で購入できるeMacが登場です。10万円を切るとかなりお買い得感が高まりますね。

両タイプとも1.25 GHz の PowerPC G4プロセッサ、256MB/333MHz の DDR SDRAM、ATI Radeon の 32MB ビデオメモリ搭載のグラフィックスプロセッサを備えている。OSは Mac OS X v10.3。

違いはドライブです。DVDは作らないと割り切るならば、コンボドライブモデルは良き相棒になってくれるはず。

デジタルフォト、ミュージック、ムービーの作成や編集が可能な統合ソフトウェア「iLife ’04」も付いている。

再びiBookを自宅メインマシンとして使うようになって改めて思うのですが、もし周りで初めてパソコンを購入したいという人が現れたならば、今なら迷わずこのeMacもしくはiBookを薦めると思います。

それまではWindowsの価格がかなり安く、必要なアプリケーションだけを後から購入するのがベストと思っていたのですが、iLifeがかなり良いので、インターネット(主にWebとメール)、デジカメ画像の管理と印刷をメインに考えているならば、これはもうMacしかないんじゃないかと思っています。Macを買った方がいいと思えるほど、iLifeの完成度は高いと思うます。

感覚的には、Mac OS Xも凄く柔らかくて優しいOSになってきていると思います。

Amazonで検索したら、一世代前のeMacが83,790円で出ています。すぐに売り切れてしまうでしょうね。でも、1万円の差額だったら、初めて購入する人には新しいモデルをお薦めしますよ。

ちなみにiBookも124,425円で、さらに15,000円分のAmazonギフト券還元です。こっちも捨てがたいですね。

AmazonでeMacの価格を調べる

■関連記事

アップル、10万円を切ってeMacを発売

AirMac Extremeに対応しているほか、内蔵Bluetoothモジュールがオプションで利用可能だ。

アップル、新型eMacを発表――価格切り下げ、内容充実

Appleは教育関係者や生徒への自社ブランドのロイヤリティー浸透を目指した取り組みを進めているが、今回のeMacの最新版もその一環となる。そのため、新しいeMacでは内部コンポーネントをアップグレードするだけでなく、価格も引き下げている。Appleは長い間教育市場を自社の牙城としてきたが、最近では他社もこの分野に食い込んできている。

アップルがeMacの新モデル、SuperDrive搭載の低価格システム

箱から取り出して電源につなぐだけで、すぐに利用できるオールインワンデザインに変更はない。OSは「Mac OS X v10.3 "Panther"」。さらにiTunes/iPhoto/iMovie/iDVD/GarageBandで構成される「iLife '04」、「AppleWorks」など、一般ユーザーが必要とするアプリケーションが揃えられている。

999ドルのSuperDrive搭載eMac

米Appleは4月13日、オールインワンデスクトップ「eMac」の新モデルを発表した。同社の8倍速DVD-R/CD-RWドライブ「SuperDrive」を搭載、プロセッサなどの高速化が図られ、価格は999ドル。

米Apple、デスクトップ「eMac」の低価格ラインを発表

CD-ROMやDVDの再生/書き込み可能な「SuperDrive」を搭載したeMacの価格は、999ドルからで「もっとも手ごろな価格で提供するSuperDrive搭載システム」(Apple社)となっている。これまでのeMacシリーズの最上位機から、およそ100ドルの値下げとなった。