MacユーザーグループのSpymac、世界初の無料1GBメールサービスを開始するそうです。

著名MacintoshユーザーグループのSpymac Networkは5日、同社の無料メールアカウントのストレージ容量を1GBに拡大すると発表した。1日には米Googleがストレージ容量1GBのメールサービスをテストしていることを発表したばかりだが、正式なサービス開始はSpymacが世界で初めてになる。

アナウンスはGoogleのGmailが先でしたが、MacユーザグループのSpymacが先に開始してしまいました。Googleは技術力があるが故と思っていたのですが、Spymacはどうなんでしょうか?

Spymacのメールサービスでは、WebまたはPOP3でメールアカウントにアクセスできる。Webメールを使用する場合は、JavaScriptとcookieに対応している必要がある。実際に使用してみたところでは、サブジェクトなどで日本語を使用できないが、HTMLメールを利用する場合には本文に日本語を表示できるようだ。

おお、POP3にも対応しておりますか。早く日本語でも同様のサービスをとか思うんですが、Googleくらいのインパクトがないとなかなか使いたいとは思わないかもしれません。どうだろうか。Googleだからこそ1GBのスペースにどんどんデータを送り込み、後で使いたいときに検索して、なんて思うんですよね。

アカウントを取得するには13歳以上であるという以外には特に条件はない。Macユーザーのコミュニティではあるが、Windowsなど他のOSユーザーでも利用することは可能だ。

使い勝手の良いウェブメールサービスが登場すれば、メールクライアントは捨ててもいいかな、と思っています。

■関連記事

グーグルに続け――Spymacが1Gバイトのフリーメールサービスを開始

このサービス開始は、YahooやMicrosoftのHotmailに独占されていた無料電子メールビジネスに変化が訪れる兆しかもしれない。これら2社では、ストレージ容量がもっと少ない電子メールサービスに対して、10~50ドルの年間利用料を徴収している。たとえば、Yahooの契約者は100Mバイトのストレージ付き電子メールサービスに50ドルを支払っている。

グーグルに先行し、1GBの無料メール登場

グーグル社が当初はサポートしないPOP3にも対応。このためウェブメール方式だけでなく、通常のメーラーで受信することも可能だ。ユーザー登録すれば、メールだけでなく、オンライン写真アルバム、ブログなども無料で開設できる。

グーグルに続け―― Spymacが1Gバイトのフリーメールサービスを開始

YahooとMSNは、ここ数年でシステムのインターフェイスにわずかながら変更を加えているが、ストレージ容量追加のような機能強化に対しては料金を課す方向できている。だがそのYahooでさえ、プロモーションのなかでストレージのアップグレードを利用し始めている。さらに先週、同社は一部の契約者に対して、100MBのストレージ容量を提供する電子メールによるプロモーションを行っている。