アップル、国内の携帯電話機と同期可能なiSync 1.4を発表です。

アップルコンピュータは2月18日、アドレス帳やスケジュールなどのデータを複数の機器間で同期するソフトウェアの新版iSync 1.4を発表した。新版は、Symbian OS搭載スマートフォンの対応機種が増えたほか、同社の携帯音楽プレイヤーiPod miniにも対応している。

リュウドのバックアップソフト「携帯シンクPlus for Mac」に含まれる「iSyncコンジット」を使うと、Macと携帯電話機の間でiSync 1.4によるデータ同期が可能となるそうです。対応している携帯電話機は、NTTドコモ、au、ボーダフォン(Jフォン)の第2世代および第3世代を含む117機種ということで、これは買わなくてはいけないですかな?

対応確認はコチラのページからできます。Amazonで「携帯シンクPlus for Mac」の価格を調べる場合はコチラで。

■関連記事

iSyncインタビュー

今の生活の中では、パソコン、携帯電話、PDA、iPodなどたくさんのデバイスがあり、それぞれがアドレス帳などを持っています。そしてこのデバイス間で、ある情報はこのデバイスにはあるが、一方にはないといった不都合が起こる場合が多々あるのです。こうした問題に解決できるのがiSyncです。従来、シンクロというと、デバイスとデバイス間の1対1のシンクロはできましたが、iSyncを用いることでよりたくさんのデバイスを同時にシンクロさせることが可能になるのです。

プラグインで携帯電話にも対応する「iSync 1.4」

また、安定性が向上したほかSymbian OSを搭載した携帯電話やiPod miniとの情報シンクロにも対応した。

Macと携帯電話との同期ソフト「iSync 1.4」

携帯電話やPalm OSデバイス、iPodなど、複数のデバイス間で情報を同期できるシンクロナイズソフトウェア。最新版となる「iSync 1.4」では、安定性が向上したほか、Symbian OSを搭載したスマートフォンや、アップルのMP3プレーヤー「iPod mini」に対応した。