「Big Mac売ってます」――-スパコンに使われたPower Mac G5が売却処分にということです。

バージニア工科大学が1100台のPower Mac G5を使ってクラスタ構成したスーパーコンピュータ「Big Mac」が、スパコン性能ランキング第3位に浮上したのはわずか数カ月前のことだが、早くもこれに使われたマシンが処分品として販売されている。

理由は「Xserveにアップグレードする」ためだそうです。納得。Big Macが構築されている当時は、まだXserveにはG5が搭載されていなかったそうです。それをリプレースする訳ですね。

その結果、スパコン性能上位500マシンの第3位に輝いたマシンの一部が、現在MacMallというオンラインカタログ通販会社で販売されている。

■関連記事

Mac G5のクラスタ、スパコン性能第3位に

「Macintosh G5のクラスタで構成したスーパーコンピュータが、世界最速マシンのランキングで順位を上げ、第3位に浮上した」そうです。