日本マクドナルド、CEOにアップルの原田社長を迎えるそうです。

3月下旬の株主総会の承認を経て就任する。ウィンドウズが圧倒的なパソコン市場で「マッキントッシュ(マック)」のブランド力を高めた原田社長の手腕を、低迷気味のハンバーガー市場に生かす。

原田社長をヘッドハンティングしたのはマクドナルドでしたか。アップルで実績を積みましたから、自分の腕を試すには良いチャンスだと思ったに違いない。

原田氏は派手なイベントや広告などマーケティング戦略が得意で、米国本社との交渉力にも定評がある。

アップル時代もそつなくこなしていた印象がありますから、“経験”を買われたのでしょうね。マクドナルドはかなり厳しい状況にあると思いますので、これで起死回生なるでしょうか? 楽しみです。ああ、これからマクドナルドに行くと原田社長を思い出しそうだ(笑) Macユーザにとっては、非常に身近なお店になりそうですね。アップルとのコラボレーションなんて打ち出してくれたら面白いんですけど。

■関連記事

マックからマックへ――アップルの原田社長、日本マクドナルドHDへ

原田氏は2月後半までにアップルコンピュータを退任することが決まっており、今後の動向が注目されていた。アップルコンピュータ広報では原田氏の退任理由を、日本法人の経営手腕を高く買われた原田氏が他の企業にヘッドハンティングされたためと説明していた。