「iTunes for Windows」がリリースされた、その後の記事を追ってみました。好意的な意見から批判的な意見まで様々です。

「絶賛」から「不満」まで――賛否さまざまのWindows版iTunes

多くのWindows 2000 Professionalユーザーが、iTunesをインストールしたことでマシンがクラッシュしたようだと訴えており

称賛から苦情まで―― iTunes for Windowsへの反応はさまざま

iTunesをダウンロードしたユーザーのほとんどは、MacでiTunesを利用していた人々で、彼らは、会社もしくは家で使用しているWindowsマシン上でも、同じソフトウェアが利用できるようになって嬉しい、と話している。

▼アップル社の『iTunes』ストアはファイル交換ネットワークを超えるか

「1年に1億曲といえばすごい数に聞こえるかもしれない。だが、これは『カザー』(KaZaA)でいつでも入手できる楽曲全体の10分の1だ。カザーからダウンロードされる曲の中のほんのわずかな一部に過ぎない」

ウィンドウズ版『iTunes』製品レビュー

小さな問題はいくつかあるものの、iTuneのサービスは大部分のウィンドウズ・ユーザーにとっても、魅力的で使いやすいだろう。OSを乗り換えるユーザーも少しは出てくるかもしれない。

新しいiTunesはAppleを救わない?

皮肉屋たちは、Appleは昨日の発表で、人々がMacを買う理由を1つ減らしてしまったと指摘するかもしれない。

「iTunes Music Store」、仮に日本でスタートすると?

もし、仮に、日本版iTunes Music Storが開始されたとして、米国版の約4割を売り上げたと仮定すると、年間の予想売上高は約40億円になる。

Amazonで価格比較