「あのときIntelにしておけば……」――ジョン・スカリー元Apple CEOが述懐しています。Intelのアンディー・グローブ氏がAppleに対してIntelチップを採用するように説得しようとしていたりですが、Appleは「IntelのCISC (Complex Instruction Set Computer) アーキテクチャーは最終的には高度なRISC (Reduced Instruction Set Computer) に太刀打ちできないと判断」して採用を見送ったんだそうです。

「Intelプラットフォームを採用しなかったことは、私が犯した最大のミスの一つだろう」とAppleの元会長兼最高経営責任者(CEO)、スカリー氏は語った。

またスカリー氏は「心臓移植をする必要はなかったのだ」ともコメントしています。「たら」「れば」の話をしてもしようがないと思いますが、AppleがIntelを採用していたとしたら、どんな世界になっていたでしょうか。ただ、個人的には“今からでも遅くない”と思っていますが。

■関連記事

「ジョブズは20年間、CPUの選択を誤ってきた」

平行して開発するのは大変かもしれませんが、Intel向けのMac OS Xも、個人的には欲しいところです。

「Pentium Mac」待望論

Apple製品の優れた特徴を備えたIntelベースのMacが1000ドル以下の価格で提供されれば、ユーザーにとっては非常に魅力的な製品となるはずだ