Mac OS X版OpenOffice、2006年にずれ込みという記事より。OpenOfficeはMicrosoft Officeと互換性のあるオープンソースで開発されているオフィスアプリケーションです。

バージョン2.0は2005年初頭の完成が見込まれていることから、OpenOfficeのMac OS Xネイティブバージョン登場は、2006年初頭以降になりそうだ。このバージョンは当初、2004年半ばまでに登場すると見込まれていた。

また随分と先になってしまいましたね。「Mac OS Xへの移植は当初考えられていたよりも複雑であることが判明」したというのが理由だそうです。自宅のPCにはOpenOfficeを入れていますが、パーソナルユースだったら十分な力を発揮してくれると思います。