「ジョブズは20年間、CPUの選択を誤ってきた」とIntel CTOという記事より。

Intelの上級副社長兼最高技術責任者(CTO)であるパット・ゲルシンガー氏は、(驚くべきことではないが)発売間近となったPower Mac G5ラインに使われるCPUにはIBMのCPUではなく、Intel製を使うべきだったと述べた。

ネタフルでも以前、数日前にこんな記事(「Pentium Mac」待望論)を書きました。平行して開発するのは大変かもしれませんが、Intel向けのMac OS Xも、個人的には欲しいところです。