「Pentium Mac」待望論
IntelプロセッサにMac OS Xを搭載すればいいのに‥‥その理由とは?

IntelマシンにMac OS Xを搭載すると、

Appleは必ずや同OSのコントロールを失い、Appleハードの販売は落ち込み、最終的には、ハードの売り上げで経営を維持している同社は自らの存続を危うくすることになるだろう

という見方がよくされるのですが、このコラムの筆者は「OSをハードに固定できる場合に限って」という提案をしています。

Apple製品の優れた特徴を備えたIntelベースのMacが1000ドル以下の価格で提供されれば、ユーザーにとっては非常に魅力的な製品となるはずだ

ということで、仕事でWindows、自宅でMacを使用している人が意外に多いのではないかという、ぼくの勝手な推測をもとにすると(自分もそう)、デュアルブートのマシンの需要は意外とあるのではないかと思います。ぼく自身はいま、自宅ではiMacとVAIO Uを使用していますが、ノートPCでは作業に限界があるし、iMacは400MHzでスピードが遅いしということで、新しいマシンが欲しいな、と思うときもあります。その時に、デュアルブートのマシンがあれば、全て問題は解消。1,000ドルだったら間違いなく購入すると思います。AppleからIntelマシンというのも、悪くはないですよね。

いま、Linuxのおかげで、Windows以外の選択肢に多くの人の目が向かいつつあると思います。タイミング的には、ぴったりだと思うんですが。