Apple pay mobile suica 0342

「iPhone 7 Plus」で駅の改札を通過することにも慣れてきました!

これがないと困る‥‥というレベルにまでは達してはいませんが、手にしているiPhoneで決済できるのは本当に便利です。カードがiPhoneの中に入っただけなのに、不思議なものです。

さて、こんなに便利な「Apple Pay」のSuica機能ですが、もしもiPhoneのバッテリーがなくなった場合にはどうなってしまうのでしょうか。使えるの? 使えないの?

「Apple Pay」iPhoneのバッテリーが切れてもSuicaは使える?

結論からいうと「使えなくなる」ようです。

「ようです」と書いたのは「基本的には、(Androidスマホ等にすでに提供中の)モバイルSuicaと同じイメージ。電池が切れてもしばらくは使える」というJR東日本の回答がエンガジェットに掲載されていたのですが、携帯総合研究所が実際にバッリテー切れしたiPhone 7 Plusで試したところ「実際に試してみたところiPhoneのバッテリーが切れるとSuicaは使えない」ことが判明したそうです。

エンガジェットにも「使えない」という声が寄せられているそうで、JR東日本に再問い合わせをしていると追記があります。

さらにASCII.jp:Apple Pay日本開始!使えるアプリ&素朴な疑問ズバット解決によると「おサイフケータイのFeliCa同様、端末のバッテリーが完全に切れるとSuicaは(Apple Payも)利用できなくなる」とされています。

携帯総合研究所が実際に試したところ「使えない」ということだったので、これはもう基本的にはiPhone 7/7 PlusのSuicaはバッテリーが切れると使えなくなると考えておいた方が良いでしょう。

普段からモバイルバッテリーを持ち歩いているような人は良いですが、保険としてSuicaのカードを持つ、モバイルバッテリーを持つ、のが間違いないと思います。

Apple Pay」に関しては次のような記事を書いていますのでぜひご覧ください。

【Apple Pay】iPhone用Suicaのオートチャージを「ビックカメラSuica」に決めた&その理由

【Apple Pay】ローソン・ポンタのVISAクレジットカードをWalletに登録してみる

iPhone用「モバイルSuica」アプリがリリース 〜ビューカードでオートチャージ設定してみた

【Apple Pay】「Suica」で改札通過時は端末スリープ・アプリは開かなくても良い

【Apple Pay】登録したSuicaやクレジットカードの情報を削除する方法

【Apple Pay】「エクスプレスカード」は日本独自仕様