Andromeda 1425

Googleが、Chrome OSとAndroidを融合したOS「Andromeda」を搭載したノートPCを計画しているようです。リリースは2017年第3四半期を予定。「Chrome OS」と「Android」を融合した「Andromeda」が2017年に登場かという記事になっていました。

これによると、Pixel 3は12.3インチディスプレイを搭載し、Lenovoの「Yoga」やMicrosoftの「Surface」に似たタブレットモードを備える。内部には「Intel Core m3」または「Intel Core i5」プロセッサが、32Gバイトまたは128Gバイトのストレージと8Gバイトまたは16GバイトのRAMとともに搭載されるという。

AndroidとChrome OSの融合ということで、中間のタブレットのような製品に向けたOSになるのでしょうか。

最近では、Google「Chromebook」でAndroidアプリを2016年後半より使用可能にというニュースもあったのですが、これとは別の機能のようです。

ファーウェイ製の「Nexus」タブレットにも搭載予定という情報もあるようです。

確かにSurfaceが新しい市場を切り開いた感はあるので、そこに向けて投入される製品ということになるのでしょうか。