2016 06 06 1358

Google、スマートフォンの容量不足時に削除アプリケーションを提案する機能をテスト中という記事があったのですが、この機能、もちろんiPhoneでも欲しいですね。容量カツカツの人って、多いと思うんですよ。不要なものを削除しろって話でもありますが「このアプリは要らないんじゃね?」という提案は、そろそろOSからあってもいい頃です。

アプリケーションをインストールする空き容量が足りない場合、新しいウィンドウがポップアップして、空き容量を増やすためにアンインストールするアプリケーションの提案を行なってくれる。また「設定」メニューの中の「ストレージ」にもリンクしていて、こちらから不要なメディアファイルの整理を行うこともできるようになっている。

アプリのサイズだけでなく、使用頻度なども加味して削除するアプリを提案してくれるということです。インストールしたけど使っていない、というアプリもけっこうあります(万が一のためにインストールしているアプリもありますが)。

アプリの削除もそうですけど、個人的にはアプリのキャッシュを削除する機能も欲しいです。一時的なものかもしれませんが、キャッシュが肥大しているアプリも少なくないと思うので。アプリ自体がキャッシュの削除機能を持っているものは、まだ多くはないんですよね。

ネタフルでも、iPhoneのストレージ容量不足を解消する方法(アプリのキャッシュなどを削除する方法)という記事を書いたりしていますが。