2017 09 22 1031

リアルタイムに吉本浩二の連載「日本をゆっくり走ってみたよ〜あの娘のために日本一周〜」を読んでいました。意中の女性に告白するために、バイクで日本一周をするという、ノンフィクションのような内容のマンガのAmazonプライムビデオのオリジナルドラマ化で、主演は濱田岳。ズバリ、情けない感じがぴったりかもしれません。

スカイツリーの麓から大荷物を乗せたバイクで走り出した男、吉本浩二(濱田岳)32歳、職業マンガ家。宇都宮で恵理(本仮屋ユイカ)と交わした約束は「お誕生日までに日本を一周して宇都宮に戻ってきます、だから…」。それから 3日で富士山までやってくるが、ろくにテントも張れず、広げた日本地図に不安になるばかり。三重で大学時代の先輩夫婦、佐田と美幸を14年ぶりに訪ねた吉本は、マイホームを持ち、すっかり立派な「お父さんお母さん」となった2人を目の当たりに。富士山で出会ったおしゃべりなキャンパーにも「なんで日本一周?」と聞かれた吉本は、泊まっていけばという佐田の誘いを断り、まだ慣れないテントでじっと恵理の写真を見つめる。果たして日本一周して強くなった姿で恵理のもとに戻れるだろうか…?日差しの中、伊勢志摩の海を望み、吉本のバイクは走り出す!

配信開始は2017年10月20日からで、毎週金曜日に1話更新となる全14話の配信を予定しています(初回のみ1・2話同時配信)。

けっこうウジウジした内容(スミマセン)だったと記憶しているのですが、そのあたりが濱田岳によって明るい笑い話ぽい内容になっているのかな‥‥とか期待しながら見てみたいと思います。

濱田岳はこの作品のためにバイクの免許を取得し、約3ヶ月間の撮影を行ったということです。「撮影期間約3カ月、総走行距離は約2万キロにおよび、実際の撮影でも日本一周を達成」しています。

「日本をゆっくり走ってみたよ〜あの娘のために日本一周〜」はAmazonプライム会員向けのAmazonプライムビデオです。

そうそう、ちょっと驚いたのが原作の吉本浩二氏はジェットダイスケの高校時代の同級生なんですって!