2017 10 04 1034

Amazonのクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」と、それを搭載するスマートスピーカー「Amazon Echo」を年内に日本に展開することをAmazonが発表しました。事前に購入を希望すると、招待制で「Amazon Echo」を購入できるということです。「Alexa」と「Amazon Echo」が年内に日本に登場として発表されています。

Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」と「Amazon Echo」を年内に日本に展開し、事前に購入を希望されたお客様には招待制でEchoを購入できるようにすると発表しました。さらにAmazonは、Alexa Skills Kit(ASK)およびAlexa Voice Service(AVS)を日本市場でも展開し、日本のお客様に向けて世界中の開発者がさまざまなAlexaによる音声体験を構築できるよう支援します。

-Amazon Alexa

Amazon Echoを支える頭脳であるAlexaは、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっています。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立ちます。Echoの遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができます。

-Amazon Echo

Echoは、音声による操作で、常にハンズフリーで利用でき、いつでも反応します。お客様が部屋のさまざまなところから声をかけ、各種の情報や音楽の再生、ニュース、天気などの情報を求めると、Alexaが直ぐに対応します。Echoは、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中のさまざまなところから発せられる音声を明確に聞き取ります。また、それぞれのマイクの信号を合成する先進のビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、さらには音声指示以外の話し声さえも抑制します。Echoの先進的なオーディオデザインには、専用のツイーター、2.5インチ ダウンファイアーウーファーを組み合わせ、部屋全体に鮮明なボーカルとダイナミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングが採用されています。

-Alexa Skills Kit(ASK)

Amazonは、日本のお客様に向けて開発者がAlexaスキルを作成できるようASKを提供する予定です。セルフサービス型の各種APIとツール群で構成されるASKによって、開発者がAlexa用の新しい音声駆動型機能を迅速、容易に作成できるようになります。

-Alexa Voice Service(AVS)

AVSの使用により、ハードウェアメーカーの製品開発者はAlexa対応の製品を開発することが可能となり、接続されたあらゆるデバイスを音声で制御できるようになります。これによりお客様は、常に進化し続けるAlexa独自の機能に加え、スマートホーム端末を音声で操作したり、さまざまなAlexaスキルを利用できるようになります。

既に株式会社NTTドコモ、クックパッド株式会社、KDDI株式会社、積水ハウス株式会社、ソフトバンク株式会社、日本放送協会(NHK)、東日本旅客鉄道株式会社などからAlexaスキルの提供を予定しているとしています。

またハードウェアメーカーがAlexa対応の製品を開発できるというのも興味深いところです。価格を追求した製品があったり、何かのデバイスに埋め込んで使用されるようなものも登場するかもしれません。

日本ではLINEがスマートスピーカー「Clove」の提供を開始していますが「Amazon Alexa」との競争はどうなるでしょうか。あとは「Google Home」がいつ登場するか、ですね。