Eat red meat 4495

書いてから一ヶ月以上が経過した今でもツイートが止まらない「肉アバンギャルド(秋葉原)」熟成肉の暴走が止まらない!好きな部位と重量を選ぶ → たらふく喰らう → 肉まみれ → (゚д゚)ウマーという記事があります。秋葉原の熟成肉(エイジングビーフ)の店ですが、仕事の打ち合わせを兼ねて再訪してきたのでご報告します。やっぱり美味かったよ!

「肉アバンギャルド(秋葉原)」で熟成肉を食べる!

Eat red meat 4487

やはり美味い肉の店ですから、既に人気店になっているらしく、予約は非常に取りにくくなっているようです。この日もスタートは18時でした。19時過ぎから20時にかけてにスタートするいい時間は、予約で埋まっているみたいです。

Eat red meat 4488

ちらりとスタッフの女性に話を聞いたところ「ブログを読んできた」というお客さんも多いらしく、おおもしかしたら貢献できたのかしら、と密やかに嬉しくなりました。余談ですが、スタッフの女性が皆かわいいのは店長の好みなのでしょうか。

Eat red meat 4489

今回はあまりサイドメニューには目をくれずに、熟成肉に突き進みましたことを、予めご報告いたします。

Eat red meat 4491

お通しという名の前菜。ジャガイモの冷製スープ。胃の調子を整えます。これからくるぞ、たっぷりの肉がくるぞ、と。

Eat red meat 4492

そしていきなり!

かわいい女性スタッフが運んでくる熟成肉のメニュー!

(小柄でメニューに隠れてしまうかわいらしい女性スタッフ)

4つの部位にそれぞれの熟成期間やグラム数が記載されており、食べたい部位や量に応じて注文する仕組みです。色々な種類を食べたいのであれば、一つあたりの量少なめで複数を頼むと良いでしょう。

Eat red meat 4493

最初にオーダーしたのがリブロースと肩ロースです。それぞれ220gと280g。さてさて、これがどんな風に生まれ変わってくるのでしょうか?

いってらーしゃーい♪

Eat red meat 4494

とりあえず、生ハムに生ビールの生々コンビで肉が焼き上がるのを待ちます。熟成肉の焼き上がりまでは、20分ほど必要です。

そして‥‥

Eat red meat 4495

さあ、焼けた! ほら、焼けた!

真っ赤なリブロースと真っ赤な肩ロースです。こちらはたたき風の仕上げに、塩がしてありまして、このまま美味しく頂けます。じゅるり。

Eat red meat 4496

脂が少ない赤身の部分は「肉、食ってますー!」という熱い体験ができます。口の中で噛めば噛むほど、旨味が広がるのが分かります。そして口中は、旨味のジュースで満たされていきます。

Eat red meat 4497

もちろん、脂だって美味い。いい肉は脂が美味いのです。この脂、飲み込みたくない、時間よ止まれ。

今回は、味の変化が必要な時に使ってくださいと、ワサビのタバスコも出てきました。タバスコじゃなくて、普通にワサビで食べても美味しいだろうなー、きっと!

続いてはこちら。

Eat red meat 4498

サーロインと肩ロースです。4つの部位をもれなく頼んでいるかと思いきや、肩ロースアゲインしてましたね。わはは。まあ、美味しいから全く問題ないんですけど!

途中から赤ワインを頂きつつ、そして、待つこと20分ほど。運ばれてきます。

Eat red meat 4499

しゅっ。

Eat red meat 4500

ゴフッ(吐血)!

Eat red meat 4501

肉まみれ!!!!!

脂まみれ!!!!!

Eat red meat 4502

最高っす‥‥肉の暴走、最高っす!!

肉は暴走しても良いのですが、自分が暴走しないようにブレーキをかけるのが大変でしたよ、本当に。まあ、これだけの熟成肉を見せられ、食べされられたら、ハートは暴走してしまう訳ですがね。

肉の真ん中に鎮座する、こだわりのガーリックマッシュポテトも平らげました。これも美味い。

人数が多ければ大きめの肉、そうでなければ小さめで、など、食べたい部位を食べたい分量で選べるシステムはやはりいいですね。濃厚な肉で満腹になります。肉だけで満腹になっちゃいます! そして口中は旨味のオーケストラ!

ごちそうさま!!!!!

前回の記事「肉アバンギャルド(秋葉原)」熟成肉の暴走が止まらない!好きな部位と重量を選ぶ → たらふく喰らう → 肉まみれ → (゚д゚)ウマーも併せてどうぞ!

肉アバンギャルド(秋葉原)

関連ランキング:ダイニングバー | 岩本町駅秋葉原駅馬喰町駅