スポンサードリンク

【1,000円】「出国税」2019年1月開始の新税

スポンサードリンク

出国税 1,000円

2019年1月7日より、27年ぶりとなる新税「出国税(国際観光旅客税)」が始まりました。「出国税」は日本から出国する人から1人あたり1,000円を徴収するもので、国籍は問いません。日本人だけでなく、訪日観光客も対象となります。

スポンサードリンク

「出国税」とは?

「出国税」は日本人、訪日観光客など、船舶や航空機で日本から出国する人を対象とした27年ぶりの新税で、1人あたり1,000円を徴収します。2019年1月7日より開始しました。

2019年度には「出国税」で約500億円の税収を見込んでおり、空港の顔認証ゲートの整備や、キャッシュレス決済の推進などに充てるとされています。

徴収方法は?

「出国税」は航空券や旅行ツアーの購入時に上乗せされます。消費税は対象外となります。

対象は?

「出国税」の対象は日本人、訪日観光客など日本を出国する人すべてとなりますが、以下の人たちは徴収されません。

・2歳未満の子ども
・入国24時間以内に出国する乗り継ぎ便利用者
・天候などの理由により立ち寄る人
・天候などの理由により帰ってきた人

2019年1月7日より前に代金を支払っていれば対象外となります(ただし1月7日以降に予約変更などで出国日を決めると納税対象)。

■LCC最安値をチェック:
ピーチジェットスターバニラエアエアアジア春秋航空ソラシドエア香港エクスプレス

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【LINE Pay】2018年末の20%還元「Payトク」参加して感じたスマホ決済雑感

次へ

【CM】富士フイルム「樹木さんのいないお正月がやってきます」