スポンサードリンク

「経済減便」とは?国交省が制度化

スポンサードリンク

経済減便とは?

経済減便」とはなんでしょうか?

「経済減便」とは、予約客が少なく採算のとれない国内線を条件付きで運休できるようにする制度です。「経済減便」を国土交通省が制度化したとしてニュースになっています。

スポンサードリンク

予約少ない航空便、運休可…客へ7日前まで連絡という記事になっています。

国土交通省は予約客が少なく採算のとれない国内航空便を条件付きで運休する「経済減便」を制度化した。

利用者からすると搭乗しようとしていた便が運休となると不便ですが、条件付きということで、航空会社も簡単には運休することはできません。

経済減便を認められる条件は〈1〉運休する便が発着する前後3時間以内に、同じ空港を発着する自社便がある〈2〉運航予定日の7日前までに、航空会社が国交省に運休を届け出たり、予約客に連絡して払い戻しや他の便への振り替え手続きを行ったりする〈3〉インターネットの予約画面などで、予約客に運休になる可能性があることを伝える――ことなどだ。

特に「運休する便が発着する前後3時間以内に、同じ空港を発着する自社便がある」というのは、代替便に振り替えしやすいということになります。

もともと便数が少ない地域は「経済減便」の心配はなく、大都市圏を結ぶ便で可能性がありそうです。

もともとLCCからの要望が強かったということですが、LCCであれば急な運休も念頭に入れて予約しますし「インターネットの予約画面などで、予約客に運休になる可能性があることを伝える」ということなので、トラブルも少ないでしょうか。

土日や長期休暇のような時には利用があるけれど、平日は需要が少ない‥‥といった路線があるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

前へ

【Kindleセール】30%~50%OFF「春のプログラミング書フェア」(4/26まで)

次へ

【□□□】初見だと絶対読めないグループ名ランキング【・・・・・・・・・】