スポンサードリンク

ANA「ピーチ」「バニラ」2019年度末を目処に経営統合と発表

スポンサードリンク

2018 03 17 1440

【LCC】「ピーチ」と「バニラ」が経営統合へという記事を書いておりましたが、ANAから正式に経営統合するという発表がなされました。ANAHD社長、ピーチとバニラ統合で「収益を最大化」という記事になっています。

ANAホールディングスは22日、傘下の格安航空会社(LCC)、ピーチ・アビエーションとバニラ・エアを2019年度末をメドに統合すると発表した。統合で規模の拡大とともにコスト低減を進め、20年度には売上高1500億円、営業利益150億円を目指す。

スポンサードリンク

2019年度末ということなので、2年後を目指しての経営統合となります。「将来の成長に向けて、両社の業績が好調な今こそ統合するのがベストと考えた。グループ全体で収益の最大化を図りたい」と、ANAホールディングスの片野坂真哉社長はコメントしています。

経営統合されると「バニラ」は消滅して「ピーチ」となります。ANA、ピーチとバニラを統合 「生き残るため」前倒しによれば「バニラの機材を順次、ピーチの塗装に衣替えし、19年度末までに完全に統合する」ということです。

機材数は今より4割ほど多い50機に、就航路線も国内外50路線と今より3割増やすことをめざしていく。

「ピーチ」は国内2位、そして「バニラ」は国内3位の規模ですが、両社の売り上げ高を合わせると約760億円となり、国内1位の「ジェットスター・ジャパン」の528億円を上回ることになります。

ANAホールディングスでは、2020年度の売上高は倍の1,500億円を見込んでいるということですね。こうなるとジェットスターも何か手を打ってくるでしょうか。

「ピーチ」と「バニラ」については次のような記事を書いています。

ピーチ/予約する方法(ハッピーピーチが安い)
ピーチ/成田から福岡まで乗ってみた感想(預け入れ荷物や機内持ち込みは?)

バニラエア/格安運賃の「わくわくバニラ」とは?
バニラエア/成田から札幌まで乗ってみた感想(預け入れ荷物や機内持ち込みは?)

スポンサードリンク

前へ

【マクドナルド】「てりたま」食べた

次へ

【LINE Pay】コンビニからネットからあらゆる買い物で使うとけっこうポイントが貯まる 〜慣れてきたキャッシュレス生活