ANA kids menu 2429

2013年12月より、ANA国際線の機内食が刷新されることが発表されました。新しい子供向け機内食も発表されたのですが、記者発表会に参加し、試食させて頂くことができたのでレポートさせて頂きます! 先に言おう! 子供向けを謳ってはいますが、大人が食べても美味しいです!!

これまでにもANA国際線では子供向けメニューはあったのですが、新たに“食べやすく楽しい食事”をコンセプトに、リニューアルされたのだそうです。

考案したのは実際に子供のいるシェフたちで、この日は3人のお子さんがいる、洋食調理担当の木内シェフが思いを話されていました。

「長女が2歳の海外旅行のとき、搭乗した飛行機の子供向け機内食が簡素で、子供も自分もがっかりしたことがある。ANAでは、そうならないよう“デコ弁”を作ろうと思いました。今回は冬をイメージした雪だるまのカレーです。カレーには野菜がすりおろしてあります。チーズハンバーグもハートでかわいらしく、楽しんでもらえるはず」

ぼくも子供と飛行機に乗ったことがありますが、国内線ばかりなので、そういえば機内食体験というのはしたことがありませんでした。ただ、どんな料理が出てきても「機内食だから」ということで、ある程度は諦めてしまうかもしれません。

しかし、ANAでは決してそんなことにならないよう、子供向けメニューを新たに刷新しました。

それがこちら!

ANA kids menu 2433

かわいい!

しかも種類が多くて、大人でも目移りしてしまいそうです。

ANA kids menu 2437

見た目も鮮やかだし、子供が気になるグリコもあるし、これが目の前に運ばれてきたら、きっと目がキラキラしちゃいますね。

ANA kids menu 2438

ラッコのピンが刺さっていますが、試食では様々なバリエーションが取り入れられていました。

ANA kids menu 2444
ANA kids menu 2445

素敵な気遣いですよね。実際に、お子さんのいるシェフが料理をしているんだな〜、と実感します。いずれ、ANAオリジナルのキャラクターが登場するかもしれませんね!?

ANA kids menu 2441

子供はご飯を食べたらグリコのおまけで遊べます。親もゆっくりと食事を楽しめるように、との工夫だそうです。

ANA kids menu 2402

トレイに敷いてあるマットにも、一工夫がされています。クイズが用意されているのですね〜。小さい子は、こういう遊びも大好きです。

ANA kids menu 2409

子供の時に、国際線に乗る経験はそう多くはできないと思うんです、普通は。だからこそ、少し長い時間を過ごす機内で、楽しく食事ができた、という思い出は一生、心に残るんじゃないかと思うんですね。

ANA kids menu 2382

木内シェフ曰く「子供がかわいいお弁当のときにテンションが高かった、だからお弁当風にしたかった」という思いがあったそうです。

ちなみに、家庭のお弁当のノウハウが仕事にフィードバックされているのかと思いきや逆で、仕事で考案したお弁当のノウハウを家庭で導入し、子供に喜ばれている、なんていう裏話も聞かせて頂きました。

ANA kids menu 2448

伺ったところ、この雪だるまも一つ一つ、手作業で作られているんだそうですよ。「目と口があるだけで子供は興奮するんです」と木内シェフ。確かに、そうかも。子供を持つシェフたちの、子供たちに喜んで欲しい、という気持ちが込められているのですね。

今回のメニューはカレーとハンバーグがメインですが、もちろん、男の子でも女の子でも人気のある定番メニューから選ばれたそうです。子供たちが、どんな笑顔で食事をするのか楽しみですね。

通常、国際線のメニューは3ヶ月ごとに変わるので、この冬メニューが楽しめるのは12月〜2月の間となります。

ANA kids menu 2449

ちなみに、小さい子供には少し多めの量だと思います。だから、残しちゃうと思います。残しちゃうと、お父さんとお母さんも食べることになると思います。

「子供向けの味付の料理は苦手だなぁ」なんていう人もいるかもしれませんが、なんと今回のリニューアルでは「余った時に大人が食べても美味しい」がコンセプトになっているのだそう!

実際に試食させて頂き、完食(!)しましたが、大人が食べても美味しい機内食でした。間違いありません。特に、カニクリームコロッケが美味しかったです!

“デコ弁”機内食は、海外からも注文することができるそうですので、日本の“デコ弁”カルチャーが飛行機で世界に広まっていくのかもしれません!?

2013 11 11 1555

なお、子供向け機内食(チャイルドミール)は事前に電話またはインターネットから申し込みをしておく必要があります(特別な料金は必要なし)。対象は2才以上12才未満です。コチラからご確認ください。