A0001 016523

アフィリエイトプログラムで稼いでいるのはごく一部だと言われていますが、最近はブログで手軽にコンテンツが生成できますし、Google AdSenseやAmazonアソシエイトで広告収入も得やすくなりました。ネット商取引、無申告が横行 「ばれなければ…」全体の4分の1にという記事がありましたよ。

大阪国税局が近畿2府4県で実施した所得税の税務調査で、インターネットを利用した商取引のうち、所得をまったく申告しない無申告が全体の4分の1以上を占める高水準で常態化していることが7日、同局への取材で分かった。

記事によると、申告漏れと合わせた総額は年約61億円に達しており「同局は専門の調査チームを中心に監視を強めている」そうです。

大阪府の主婦のケースとして「自身のブログに衣料品や化粧品などの広告を掲載し、約8300万円を得ていた」とい話が紹介されています。

8,300万円て!

いったいどんなブログなのか、どんな広告を掲載していたのか‥‥非常に気になるところでありますが、この主婦は「ばれなければいいと思った」として申告せず、3,600万円の追徴課税となりました。

アフィリエイトASPからも情報がいきますから、バレないということはないんですよね。記事にもあるように、特にネットでの取引が増えているので、注目も集まっているでしょうから。

こうした状況を受け、大阪国税局では、ネット取引を専門に取り扱う平成12年設置の「電子商取引専門調査チーム」を中心に監視を強化。ホームページに設置された広告のクリック回数などを調べて開設者の収入の概算を把握するなど、徹底した調査を進めている。

ほらほら。

ブログで収入を得ていて心当たりのある人は、確定申告しましょうねー。