2011-03-02_1039.png

中国嫁日記」という4コママンガをネットで発表している@KEUMAYAが「アフェリエイトのお金が本当に入ってくるんなら、どう考えても原稿料より高い」とツイートしています。

Togetter - 「「中国嫁日記」希有馬氏による漫画原稿料とアフィリエイトの話」としてまとめられています。

"「原稿料をもらうより高い換金方がある!」ってのは革命なんですよ。"

もともと「普通の漫画形式の嫁日記」がいい企画であるということを証明するために、ネットで書き始めた4コママンガでしたが、それが話題になり、1カ月で300万PVを達成するまでになったそうです。

ネットで有名になったことで書籍化の話がきて、そのためにも書いていた4コママンガだったのですが、アフィリエイトを入れたら「毎日4コマ更新するとそれで暮らせるんですよ。書籍化関係なく」という状態になったのだとか。

「お金の話汚いと思う方がいるかも知れませんが、リアルな生活かかってるんで許して下さい(´・ω・`)」ともツイートしているのですが、ネットで4コママンガを描いて暮らせる、というのは、各方面の希望にもなるのではないかと。

マンガ家もそうですし、作家もそうですし、ライターもそうですけど、ネットで発表できるコンテンツを持っている人が、意外にこうした可能性があることに気付いていないのかな、と最近ぼくが気付きました。

「中国嫁日記」も続けたことで“結果的に”ページビューが増え、それで暮らせるようになった訳で、そこに到達するまで耐えられるかどうか、というのが肝である訳ですが。

とはいえ、ぼく自身もサラリーマンを続けながら朝・昼・晩とブログを書き続けたら“結果的に”ブログを書いて暮らせるようになったので、いろいろな人に同じような可能性があるのかな、と思っています。

マキコミの技術

4844329588