2010-03-30_1233.png

アフィリエイトASP大手の「リンクシェア」と「トラフィックゲート」が合併することが発表されています。

リンクシェア・ジャパン株式会社と株式会社トラフィックゲートが合併というプレスリリースが出ていますので、そちらに詳しくあります。

楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)と三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:飯島 彰己、以下 三井物産)は、成果報酬型インターネット広告事業を展開するアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)で、三井物産の子会社であるリンクシェア・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:津田 圭吾、以下 リンクシェア・ジャパン)と、楽天の完全子会社でアフィリエイトサービスプロバイダーである株式会社トラフィックゲート(本社:東京都港区、代表取締役社長:小宮山 晋太郎、以下 トラフィックゲート)とを、2010年5月1日付けで合併させることに合意し、本日合併契約書に調印しましたのでお知らせいたします。

それぞれの親会社は、三井物産と楽天でした。存続会社はリンクシェア・ジャパンとなります。

両社の株主である楽天と三井物産は、三井物産が2004年に設立したリンクシェア・ジャパンの合弁パートナーである米国LinkShare Corporationを楽天が2005年に買収したことを契機に、楽天グループのトラフィックゲートとリンクシェア・ジャパンの協業、連携の可能性につき協議を行ってまいりました。

アメリカの「LinkShare」を楽天が買収したのは2005年でした。ネタフルでは「楽天、アメリカのLinkShareを買収」というエントリーでお伝えしています。買収総額は約約464億円でした。

個人的にはどちらのアフィリエイトASPも使っているのですが、過去にアフィリエイトのソースコードの張り替えがあったことから、最近はトラフィックゲートはご無沙汰な感じでしたね。

今後はプラットフォームの統合、ID共通化が行なわれるようですが、再びソースコードの張り替えなどがあると困りますが。

今回の合併によりアフィリエイト広告による物販の流通総額は約4,000億円となり、流通額ベースで業界ナンバーワンとなるそうです。

今後はさらにアジア地域への展開を目指すとしています。

株主構成は次のようになります。

楽天 36.25%
三井物産 36.25%
LinkShare Corporation 27.5%

リンクシェアから届いたメールによると「リンクシェアアフィリエイトサービスは、本合併後もそのサービス内容を一切変更することなく引き続きご提供致します」となっています。

トラフィックゲートのメールには「アフィリエイト報酬は、平成22年5月15日以降はLSJ社からお支払致します」と書かれています。