Apple Storeアフィリエイト、リンクシェアからバリューコマースに乗り換えというショッキングな出来事がありまして、きっとこれから初めてバリューコマースを使う人もいるでしょうから、超簡単な使い方だけ書いておきます。

(ぼくもあまり使いこなしている訳ではないので、本当に基本的なところだけ説明しておきます。何かの参考になれば幸いです)

バリューコマースに登録(無料)していることが前提です。

Apple Storeにオファーを申請する

まずはApple Storeのアフィリエイトが利用できるようにパートナー申請作業をしなくてはなりません。

2008-12-09_1454.png

パートナートップページから「オファーリスト」に移動します。

2008-12-09_1456.png

会社名「アップル」で検索します。

2008-12-09_1457.png

「アップルジャパン株式会社」が表示されるので、右下の「詳細」をクリックします。

2008-12-09_1458.png

右下の「オファーに申し込む」をクリックして承認されるまで待ちます(ぼくの画面は申請中です)。

以上でパートナー申請作業は完了です。承認されるまで待ちましょう。

Apple StoreのアフィリエイトHTMLを取得する

続いてブログに貼り付けるためのHTML取得の方法を説明します(まだApple Storeが承認されていないのでバリューコマースを例にします)。

「オファーリスト」から「承認済みECサイト」をクリックすると、提携中のサイトが祖表示されます。

2008-12-09_1501-1.png

一覧で表示されるので、HTML取得したいサイトを見つけて「詳細」をクリックします。

「広告」という項目があるので、ここからHTML取得します。

2008-12-09_1502.png

広告の種類は、バナー、テキストリンク、HTMLコード作成済みの広告、となります。

2008-12-09_1503.png

まずはバナー場合。

2008-12-09_1505.png

自分が利用したいと思うバナーの右側に「新しいHTMLコードを生成する」というボタンがあるので、これをクリックします。

2008-12-09_1505-1.png

これでHTMLが生成されますので、選択してコピーして必要に応じてペーストすればOKです(ただし表示開始まで少し時間がかかります)。

2008-12-09_1503-1.png

バナー画像はサイズで選ぶことができますが、ジャンルでも選べた方が便利なような気がします(もしかしてできる?)。

テキストリンクの取得方法も、基本的には同じになります(「新しいHTMLコードを生成する」をクリック)。

「HTMLコード作成済みの広告」は、既に生成したHTMLが一覧になっていますので、自分がこれまでに取得したHTMLを表示させるのに便利です。

という具合に、以上、超簡単なバリューコマースの管理画面の使い方でした。

もしかしたらもっと便利な使い方があるせんが、長いことリンクシェアを中心に使っていたので、ぼくもこれから勉強したいと思っているところです。

ですので、とりあえずの基本操作ということで、まずはとっかかりとして参考になればと思って書いてみました(→バリューコマースに登録)。

追記:はてブで、

バリューコマース推進派としてはHTMLコードはオファーページで作らず、 [広告スペース管理] → [新規スペース作成] → [提携済み広告を選択]で作っておけば、掲載後の広告の差し替えとかも楽ですよ

というコメントも頂いておりますので皆様参考に!